遺品整理や家族葬は専門業者へ【急な事態もスピード対応】

葬儀の費用を抑える

お葬式本来の精神とは何か

香炉

近年の冠婚葬祭セレモニーは、一様に縮小化の傾向があります。例えば結婚式も少人数制結婚式が多くの人気を集めており、なかにはご両親だけを参列者に選ぶご夫婦も存在しています。 こうした傾向は費用削減のためだけでなく、本当に心通じ合える親しい人達だけとセレモニーを行ないたい意識の表れでもあります。 特にお葬式のように畏まった場では、できるだけ派手な虚飾を排して、本質的なセレモニーを執り行いたいものです。そうした方々にとって近年人気を博しているのが家族葬なのです。 家族葬を行なう場合、弔問客に提供する飲食費などを出費する必要がありませんので、500,000円以下に費用を抑えられます。これは相場価格ですから、なかにはもっと割安で仕事を請け負ってくれる葬儀社も存在しています。探してみましょう。

いつまでも家族と一緒にいられる家族葬

近年の日本は村社会が崩壊して個人主義が加速していると言われています。そうした状況に応じて1990年代に家族葬のような葬儀の方法が生み出されましたが、一方家族葬は大切な家族を喪った遺族にとって、最も故人との思い出を深められるお葬式でもありますので、一概に個人主義の表れであるとは言えません。 例えば近年家族葬を望む方々は、いつまでも故人を自宅に安置し、自宅から火葬場へ運んで欲しいと願う方々が存在しています。 ご遺体を自宅に安置し続けた場合、大勢の弔問客に対応する事はできませんので、家族葬が最適な葬儀方法なのです。 このように、1990年代から生み出された家族葬は、家族の愛情によって支持されているお葬式であると言う事ができます。