遺品整理や家族葬は専門業者へ【急な事態もスピード対応】

想定外のケース

家族葬で家族を悼む時間を作る

蓮

大切な人を不慮の事故や病気によって急に喪ってしまった場合、人間はそうした現実を受け止められません。 一方人間は社会的な存在ですから、大切な人を亡くせばお葬式を行なう必要が出てきます。 一方、急な喪失に混乱している遺族は弔問客を前にして平静に対応できる余裕がありません。そのような場合、家族葬を行なうようにしましょう。 家族葬は1990年代に生み出された現代人のためのお葬式方法です。 家族葬を行なえば、遺族は弔問のお客様を前にせずに済みますので、家族の死を受け止めるための時間を得る事ができます。 家族葬を行なう場合、弔問に訪れようとしている方々にまずは一筆お手紙を書くようにしましょう。

急な出来事にお金がない場合

想定外の出来事によって家族を喪った場合、一般葬を行ないたくてもお金が捻出できないケースがあります。現在、一般葬にかかる平均予算は約199.9万円ですから、簡単に予算が作り出せるものではありません。 一方家族葬の平均予算は49.3万円ですから、半額以下の費用に抑える事ができます。 人間の人生は不条理の連続であり、いつ何時誰に死が訪れるか分かりません。そのような現実を考えても、家族葬は私達にとって親切なお葬式であると言う事ができます。 もちろん、家族葬は内々で済ませられるお葬式ですから、故人の死についてプライベートな話を語らいたい時、便利なお葬式でもあります。 遺されたご家族にとって、家族葬は自分達が故人を悼むために最適なお葬式であると言えます。